日本中央競馬会(JRA)もデジタル化進み、PCやスマホ、携帯など
モバイルからの馬券購入者の割合が一段と増えてきました。

JRAがレースのデータを公開することにより、レースを予想する
側もデータを利用した予想が主流となりつつあります。

以前はデータをいえば、競馬新聞やスポーツ新聞のデータが
たよりだったのが、自分で生のデータを分析したり統計をとったり
できるようになったのです。

競馬を統計や期待値などで分析すると、今まで見えなかったものが
見えてきたりします。25%(単勝、複勝は20%)の天引きの壁の
高さも再認識させられます。
そしてそこに勝利への鍵が潜んでいることなども。

もちろん今でも予感派、出目派、ロマン派など様々な予想法で
購入する競馬ファンは沢山います。
そこが競馬の楽しいことろでもあるのですが、どれでもデータを
無視できなくなってきています。

このデータを自分で集めようと思ったら膨大な労力と時間が必要
でしたが、JRAが提供している「JRA-VAN Data Lab」なら簡単に
入手できます。

たま面白のが、「JRA-VAN Data Lab」では無料で沢山の予想ソフト
や分析ソフトが提供されていることです。
あまりにもいっぱいあるためソフトをチェックするのに時間が
かかりますが、自分に合ったものを見つかれば強い味方になって
くれるでしょう。

「JRA-VAN Data Lab」は月々1,995円(税込)の料金がかかりますが、
データ競馬派には欠かすことのできないアイテムとなっています。

●『ジーワンジョッキー』で競走馬に騎乗して新人賞、騎手大賞を目指せ!
 約6000頭登場する実名馬に乗って栄光を勝ち取れ!!
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »