競馬の予想や結果、必勝法の研究など競馬に関連した話題を綴ります。
昨日は京都競馬場でエリザベス女王杯でしたね。 1番人気は佐々木投手の愛馬ヴィルシーナでしたが、 またもや惜しくも2着でした。 牝馬クラシック3レースは、すべて牝馬三冠馬ジェンティルドンナの2着。 ヴィルシーナの強さは、だれもが認めるところで、ジェン
12月23日の日曜日ば今年最後のG1レース有馬記念でしたね。 人気は菊花賞馬ゴールドシップ、二番人気は、同じく3歳馬の ルーラーシップ。三番人気は、秋の天皇賞馬エイシンフラッシュ。 人気投票一番人気のオルフェーブルが回避しても、魅力ある
日本中央競馬会(JRA)もデジタル化進み、PCやスマホ、携帯など モバイルからの馬券購入者の割合が一段と増えてきました。 JRAがレースのデータを公開することにより、レースを予想する 側もデータを利用した予想が主流となりつつあります。 以前はデ
「競馬界の番長」こと藤田伸二騎手の書いた本が話題を呼んでいますね。 この本は5月17日に発売された「騎手の一分」(講談社)です。 自分の職場であるJRA、馬主、騎手までも痛烈に批判をしていることから 暴露本とも呼ばれています。 話の内容
第152回天皇賞は順当に1番人気のラブリーデイが勝ちました。 2番人気になっていた武豊騎手騎乗のエイシンヒカリは9着に敗れました。 前走の毎日王冠では、見事な逃げ切りで強い勝ち方でしたが、天皇賞は 同じ府中でも1ハロン(200メートル)の距離延長
今年もルメール騎手は大活役ですね。 6月4日の第67回安田記念はルメール騎手の4週連続の G1制覇がかかっています。 ルメール騎手が騎乗するイスラボニータは1番人気なので 4週連続優勝の可能性は十分あります。 ただ今年の安田記念は混戦模様
いよいよ10月から秋競馬GⅠの始まりです。 第1戦目は10月1日(日)に中山競馬場でおこなわれる 第51回スプリンターズステークスです。 人気は3番セイウンコウセイ、7番ダイアナヘイロー、 8番レットファルクス、9番メラグラーナと割れています。